2011年11月11日

化粧水の手作り

化粧水は、市販のものの場合、防腐剤や着色料、香料などの添加物が数多く含まれていることがほとんどです。こうした化粧品の添加物の中には、発ガン性が疑われているものもあり、しかもそのすべてが表示されているわけではありませんから、特にお肌が敏感な方の中には、こうした化粧水を使うことに不安を感じておられる方も少なくないようです。


 化粧水を安全に使いたい方は、手作りが一番です! 手作りなら、何が入っているのか把握できますからね。


 手作り化粧水の代表例としては、「お酒と精製水とグリセリン」というものがあります。これらの材料は、お近くの薬局や食料品店で買うことができますし、特にグリセリンは純粋なものが買えます。香りが欲しければ精油をちょっと加えてもいいですし、アルコールに敏感な方は、アルコール抜きでもOK。


 手作りの化粧水、たしかに防腐剤が入っていない分、日持ちはしませんが、少量つくって冷蔵庫で保存することで、安全かつ快適にスキンケアを楽しむことができますよ。
posted by erika at 11:20| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。